初心者こそ学ぶべき手帳の運用本『手帳という武器をカバンにしのばせよう』

手帳

1.手帳初心者におすすめの本!

こんにちはピエリです。最近システム手帳を購入し、使い始めました!
まだ、システム手帳歴は2ヶ月の新人です。

自分なりに2ヶ月間ルールを決めて手帳の運用を行っていました。
が、なかなかうまく行かず。

かっこよく使いたい!という思いはあったのですが、良い使い方を残念ながら見つけることができませんでした。

特にルールを統一できない場面が増えました。(自分のせい笑)
上手く運用したい!という思いで、他の方が書いた書籍を参考にしましたので、ご紹介します。

『手帳という武器をカバンにしのばせよう』という本です。

Kindle Unlimited対象なので、コースに加入している方はすぐに読むことができますよ!!

この本は、手帳のマンスリ/ウィークリーの書き方について実例と伴に説明してくれます。シンプルな法則で覚えることも少なく、私のような手帳初心者の方にピッタリです。

2.『手帳という武器をカバンにしのばせよう』 さとう めぐみ

著者は『さとう めぐみ』さん。

経歴

手帳セラピストとして活動しています。

 手帳という身近なツールを使って、自分の夢や願いを叶える方法「手帳セラピー。」を提唱。毎月、手帳に関するワークショップを開催中。

他作品

『さとうめぐみの幸せおとりよせ手帳』
『たった1行ですべてが叶う手帳の魔法』

手帳に関して、著書を残しています。

3.『手帳という武器をカバンにしのばせよう』の構成

構成

 構成
基本のルール
第1章 自分を守る 自由に使える時間は手帳で手に入れる
第2章 アイデアを増やす 手帳で無駄な情報を減らし、アイデアを増やす
第3章 探す時間をなくす 持ち物を整理し、お金を増やすには
第4章 やりたい事を叶える 「気持ち」を書き込むと手帳がよりパワーアップする
第5章 人芸関係を味方につける 手帳は、人間関係を解決する武器にもなる
おわりに

4.自分の手帳使いに自信があるか?

冒頭から結果を出せる人は「行動」ができる人と断言しています。

 成功、能率アップ、時間短縮、片付け上手、コミュニケーション能力アップ、手帳特集・・・・・。
あなたの本棚にはこんなタイトルの本がずらりと並んではいませんか?
もしそうだとしたら要注意。なぜならそうした本は、「痩せられないダイエット本」と同じだからです。目新しさに惹かれて本を手にし、読み終えてその気になるだけでは何も現実は変わりません。結果を出す人とは「行動」ができる人です。そして結果を出せる人が必ずつけっているのが「手帳」です。
あなたは自分の手帳使いに自身がありますか?

この本には手帳の上手な使い方がたくさん記載されています。

スケジュールを管理し、時間を上手に使い、物事を勧めていくために、手帳は必須です。

手帳は毎日見るものであるため、毎日の「行動」が一目瞭然です。毎日のフィードバックを行いやすい環境を手帳と伴に作り上げることができます。

5.役立つ基本のルール

手帳の運用を行う上で、「書き方のルール」は自己流になってしまいがちで、結局ルールを徹底しきれないことが多々ありました。

この本では、マンスリー/ウェークリーの「書き方のルール」を紹介してくれています。数ページで基本的なものなので覚えておくことに損はないと思います。

  • マンスリー
    1.他人との約束を中心に
    2.予定を分割
    3.色分けで美しく
手帳の説明
  • ウィークリーの約束
    1.自分との約束を中心に
    2.始業・終業を管理
    3.移動・残業も管理
    4.色分けで美しく
    5.用事も可視化
ウィークリー手帳の説明

6.やりたいことを叶える

基本的な手帳術では、

  • 予定の立て方
  • 日々のto do

スケジュールがメインです。

手帳をもう一段階パワーアップするために自分のモチベーションを管理する方法が紹介されています。

特に参考になる部分は

  • 手帳に「気持ち」をかく
  • 成功イメージを手帳に書く
  • 毎日楽しい気持ちを維持する
    • 一日一緑
  • 目標や夢を具現化
    • 一年間手帳を書き続ける

特に「一年間手帳を続ける」には、誰でもできることでありながら、しっかりした自信が残ります。

加えて、一年の目標を立て、さらに目標を「50」という単位に分割することを薦めています。
365日に毎日で目標を立てるのは大変です。一年は約52週です。

「50」という数字を用いて、「目標」を立てる「50の目標」という言葉が今回この本で、手帳の運用の参考になりました。

「仕事に関する本を50冊読む」「映画を50本みる」「料理のレパートリーを50増やす」など様々な目標を考えることができます。

「1週間に1つ目標を達成すれば良い」とい考えはシンプルながらも、実践しやすい、非常に強力なルールです。

7.手帳を始めたばかり/始める人におすすめ

手帳を始めたばかり/始めた人にこの本は非常におすすめです。

この本は、まず、時間をしっかり管理できる手帳の予定の「書き方」について、教えてくれます。

次に、スケジュールの技術だけでなく、手帳を用いた、自分の管理について、教えてくれます。

この本が教えてくれる内容は、非常にシンプルなルールばかりです。しかし、非常に強力で、続けると自分の自信を積み重ねていく事ができるルールでもあります。

手帳を書くことを習慣にすることで、「行動」を促し、物事を進め、結果を残すことができます。

この強力なツールである「手帳」を自分は使いこなせているか?この問に自身を持って答えることができない人は、きっとこの本がぴったりで、成長の一助となること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です